おしゃれにいけてる?

散歩やお買い物のことなどを書いています・・・

Entries

 この冬クールと次の春のドラマ

 2006年冬クールのドラマが終わった。野球とか対抗する番組がないので力が入らない時期。その中でも「華麗なる一族」のキャスティングとお金のかけ方はびっくり。それに見合う視聴率を得たのも驚き。

印象に残るのは、木村拓哉の自殺シーンでの鬼気迫る演技と心象風景での演出が作る、見ていて気持ち悪くなるほどのリアリティー。そして、北大路欣也と鈴木京香の、人を引きつけたり印象をがらりと変えさせる演技力のすごさ。圧巻でした。残念なのが、最期に愛が感じられなかったことと、台無しにしてくれた鯉ロボット。

他のドラマで印象に残ったのが「ヒミツの花園」。どのシーンでも楽しませてくれた。色使いやカメラアングルのおもしろさも教えてくれた。乙女な真野みきも見れたし、いっきに堺雅人と田中哲司のファンになってしまった。でも、戸川さんって・・・

そして「ハケンの品格」。このドラマでは、大泉洋、小泉孝太郎、加藤あいの演技力アップが驚き。加藤あいはお化粧とか表情まで軟らかく変わってた。誰が彼らを変えた?でも、篠原涼子が「オバQ」に見えたのは自分だけ?彼女の岩下志麻風のしゃべりはおもしろかったけど。

心残りは、せっかく「エロかわ」な石田ゆり子が新発見だったのに、ドラマをどう見ていいのか分からなくなった「今週、妻が浮気します」。そして「東京タワー」。残念です。

 さてと、2007年春クールのドラマ。野球、サッカーと視聴率争いが激しくなるので各社力を入れてます。そんな中でのチェキどらま。

注目は、石原さとみ、和久井映見、大後寿々花、村川絵梨、菅野美穂、田中聖、栗山千明、加藤ローサ、「喰いタン2」、上野樹里、織田裕二、仲里依紗、長澤まさみ、山下智久、榮倉奈々、平岡裕太、香里奈、松本潤、内田有紀、上戸彩、笛木優子、小田茜、堀北真希、上原美佐、本郷泰多、「時効警察」

この気になるドラマをぜんぶチェックすると、毎日ほぼ2つのドラマを見なくてはいけない。なんとかそぎ落とさないと身体が持たないかも。嬉しい悲鳴。

PS. これ、「あっぱれ!!さんま大教授」見ながら書いてました。斉藤舞子アナの天然ぶり、総集編で見るとやっぱおもしろい。ちょっとかわいくもある。でも、実際に身近にいたら、むかつきそう。そんな感じ。

スポンサードリンク

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback

プロポーズ大作戦 山下智久出演テレビドラマ

左サイドメニュー

プロフィール

Author:ジョニー

ゆるゆると日々を過ごしてしまう、ダメダメサラリーマンの航海日記。



クリック (・。・)yoro

このブログ内を検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

右サイドメニュー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

その他の話題

どらまらんど
どらま・CM・TV全般・映画の話題はこちらです

デジ太る
プログラミング、EXCEL VBA、PC、Mac の話題です

スポンサードリンク

FC2カウンター

#454