おしゃれにいけてる?

散歩やお買い物のことなどを書いています・・・

Archive [2019年09月09日 ] 記事一覧

銀鮭の西京焼きランチ
 先日の三鷹駅北口の「名物串カツ田中三鷹店」の写真を見ていたら、なんだか「和ビストロ TORETATE」の和定食風ランチ(?)を食べたくなった。

時々魚が変わるみたいだけど、今回は、「銀鮭の西京焼き」だった。ほくっとした、臭みの無い鮭の身が美味しかった。これで 1,100円ぐらい。ランチを食べに来た一見さんにとっては、安いぐらいの値段だけど、

  「会社勤めの人は、昼食は、いくら万円までOKなんだろう?」

正直なところ、私は、外食を必要とする様な所で働いたことが無いので、分からない。

ここで昼食をとったら1ヶ月20日出勤として、1100円✖20日=22,000円、結構な額だ。牛丼ならこの半分。

あ、と書いたけど、「和ビストロ TORETATE」を批判しているわけでは、決して無い。素朴な疑問として書いたまで。

 三鷹駅周辺は、子育て世代と、会社勤めの人が混在している。子育て世代は、普通のお店ではランチは取りにくい気がする。とすると、お昼は会社勤め人たちの昼食。夜は、チョイ飲み+晩ご飯。

飲み屋さんは、リーズナブルなお金で昼食を出し、その味で、夜の飲食を誘い、利益を得る。三鷹駅周辺の王道パターン。

あとは、会社勤めか、子育て世代を含めた一般住民をターゲットにするか、割り切ってしまう方法。でも、それだと、

  ① 平日の夜は、一般住民は、外食しにくい
  ② 会社勤めの人は、土日は三鷹駅周辺には居ない

と言う生活パターン。

① の顧客を取り込むためには、「和ビストロ TORETATE」の様なランチと飲み屋さんで、ランチの値段を控えめにする。

② に対しては、土日には、美味しい、ディナー級を用意して、三鷹住民の外食を誘い込む。お出かけ先で食べるより「美味しいお店」があったら、帰りを考えると、地元で食べた方がいいに決まってる。

ただ、②の外食は、三鷹の他のお店や、お出かけ先のお店よりも魅力のあるディナーで無いと、客が来てくれない。さらに、季節でメニューを変えるなどして、リピーターを呼び込むとか。

 以上は、一般人である私の考え方。お金が有り余っていたら、三鷹以上のご馳走を食べに行く機会が多いと想像できる。

一方、家計に余裕が無い世帯やあ子育て真っ最中な家庭では、普段は節約して、土日に旦那さんから育休(育児自体を休む)を貰って、三鷹で、友人や家族と外食する事もあるはず。

あ、でも、土日は、両親とかに子供をあずかって貰って、旦那さんと、都会で夫デートタイム、という家庭も多いかも。

 行きつけの美容室の先生も三鷹での商売は難しいと、商店街店主は言っているらしい。

やっぱり、三鷹のマンション住人と、三鷹を職場とする会社員の両方を取り込むのは、大変そうだって。

あぁ、イカン、えせ評論家になってしまった。とにかく、三鷹に、

  「美味しいランチ、ディナーを出すお店、来て

特に、天ぷら屋さん、松茸ご飯とかクリご飯を出してくれる「四季の和食」のお店、等々。
名物串カツ田中
 

左サイドメニュー

プロフィール

Author:ジョニー

ゆるゆると日々を過ごしてしまう、ダメダメ野郎の航海日記。



クリック (・。・)yoro

このブログ内を検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

右サイドメニュー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサードリンク

FC2カウンター

#8648