おしゃれにいけてる?

散歩やお買い物のことなどを書いています・・・

Archive [2008年11月08日 ] 記事一覧

三鷹コラル1階催事場
 三鷹南口、コラルに弁当を買いに行ったら、1階のジュエリーツツミ跡が、催事場になってた。
コラル1階催事販売スケジュール
スケジュールはこんな感じらしい。

   「その後は?」

ここ、ずっと催事場にするんだろうか?
アジア系の斜めネコ
ちなみに、これが、アジア雑貨の方で売ってた、ネコ。最近のは、斜めに座ってるのね。

この二つのお店、武蔵関駅ビルにあるみたい。それが、なんで、ここに出張してきてる?

そうまでしてもらって、買いたくなる商品とは、ちょつ、思えなかったんですけど・・・
コラル地下輸入食品
 いい菜&ゼスト で、キノコご飯弁当を買った帰り、バレルのとこがこんなになってた。

輸入食品は好きなんだけど、そこら辺のスーパーに行けば売ってるような、そんな商品は、もう、いらないんですけど。

   「ちょっと怖いけど、激、ウマイ。」

もしくは、超おしゃれ、的な、そういう輸入食品のお店が欲しい。

ってか、単に、

   「ワールドフーズが、越してくるだけだったりして・・・」

なんか、

   「三鷹って、劇的には、変われないのかも。」

今日は、メチャ、ダークサイド。なぜなら、2時間半もタバコ吸ってないから。ふぅ、吸うすいてぇ・・・
ペンギンが真水を飲むのか?
 会社でタバコを吸えなくなるといううわさは、以前から喫煙所で話題になってた。そりゃぁ、もう、大騒ぎ。

   「どうすんだよぉ・・・」

って、素直に困ってる人とか、

   「トイレで吸うか。」

って、高校生な奴とか、

   「時間限定とか、救済策はあるはず。」

って、この期に及んで、現実を直視できずにいる人もいた。

廊下で、超ヘビースモーカーの元部長にあったので、聞いてみた。

   「なるようになるだろう・・・」

って、わけの分からないことを言ってた。なんか含みがある言い方。もしかして、

   「転職するつもりなんだ・・・」

できる人は違うなぁ・・・

 自分はどうかというと、

   「煙の出ないタバコだったら、トイレで吸えるジャン!」

って事で、ネウロで「電子○ラッグ」なんてのがあったので、おんなじ乗りで、ググってみた。

   「電子タバコって、あるじゃん!」

ニコチンを含んだ溶液を、電熱器で水蒸気化して吸うってしろ物。でも、水蒸気が煙のように見えてしまう。

   「煙が、世間に、嫌われてんだよぉ!」

まったく、なんでタバコと同じ形式にしようとするかなぁ・・・

もっと、こう、タバコとは分からない奴、例えば、白いニコチンの粉状の物を、洗面台に空けて、厚紙で一回分の分量に分けて、短いストローを使って、

   「すっつっっっっ!」

って鼻から吸い込むような奴とかさぁ。

もしくは、ニコチンの結晶をスプーンに入れてライターで溶かして、静注するとか・・・

   「そゆの、ダークっぽくって、ちょっとカッコいいかも。」

外国には、嗅ぎタバコとか咬みタバコってのがあるらしい。でも、これ、

   「消化器系のガンになりそう・・・」

今まで喫煙で蓄積してきた肺ガン因子に、新たなガン要因を加えたくはない。

 こうやっていくらあがいても、どうにもならないことは、みんな分かっている。おしゃいけでも、現実解に向けて動き出してる。

それは・・・
夢をかなえるゾウ
 この本の事は知ってたし興味もあったんだけど、表紙のゾウの絵がうさんくさいので買わないでいた。

そうしているうちに、TBS で、木曜の夜 11:58 から、ドラマ 夢をかなえるゾウが始まった。

ドラマの脚本は今ひとつだけど、古田新太の、オカマっぽい、関西弁の、

   「(ゾウの神様)ガネーシャぶりがたまらない!」

おもしろい、楽しい、あり得ない。

ということで、本をゲチ。電車で読んでたら、頭の中に古田新太のガネーシャが浮かんできて、そのあまりの俗物ぶり、煩悩だらけぶりに、思わず、声を出して笑ってしまった。

   「釈迦なんか、超、最高!」

とても読みやすくて、おもしろくて、あっという間に読破して、今、読み直している最中。

 この本は、成功して人生を変えたいと思ってる主人公に、ガネーシャが、毎日、課題を出して、それをクリアーして成長していくという話。

課題自体は、

   ・クツを磨く
   ・トイレ掃除をする
   ・腹八分目

などと、効果は疑問。でも、主人公が課題をこなした後に、ガネーシャがナゼその課題を出したかの説明が、なかなか。

   「そういうことだったんだ・・・」

今までの、自分に足りなかった物に気付かせてくれる。まさに、目から鱗。

と言っても、課題が課題だけに、この本だけを読んで、成功はできない。他の、立派な本を実践するための、

   「心構えの書。」

って感じ。

   ・まず動くこと
   ・モチベーションの維持の仕方
   ・人との関わり方(人に協力してもらう)

など、自分改革をする際の、取り組み方を教えてくれる。そういう本として、有効だと思う。

この本の教えは、日常生活でも、例えば、

   ・趣味探し
   ・英会話の勉強
   ・禁煙
   ・WiiFit ダイエット

のような事にも応用できる。実際に、本当に、効果があるかどうかは、

   「やってないので、分からない(キッパリ)」

でも、この、「やってない」は、ガネーシャが、一番ダメだと怒った台詞。だから、

   「なんか、始めよっと・・・」

そんな感じ。

 この本の作りとしては、中盤までは、面白さを重視してゆっくり進み、終盤にたたみかけてくる。でも、その論理の詰めが甘くて、本当にそうかなぁ、って思うことがたびたびあった。

ま、それは、大目にみて、その中に含まれる大事なエッセンスだけを吸収できれば、充分価値がある気がする。

 繰り返すけど、この本に興味のある人は、まず、ドラマを見てみること。ドラマの脚本は、おふざけの演出が強すぎてちょっとだけど、

   「古田新太のガネーシャぶり」

が気に入った人は、買い、だと思う。そうでない人は、ビミョウ、かも。

この本は、Amazon で 1,680円(ポイント 1%)で買える。送料無料。ロンロンカードと、VIEW Suica カードを持ってる人は、ロンロンの本屋さんで Suica で買うと 2.5%オフになるので、そっちへゴー!(11月17日まで待てば、さらに +2%分のロンロンポイントが付く。)

左サイドメニュー

プロフィール

Author:ジョニー

ゆるゆると日々を過ごしてしまう、ダメダメ野郎の航海日記。



クリック (・。・)yoro

このブログ内を検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサードリンク

FC2カウンター

#1798 #1797 #1796