おしゃれにいけてる?

三鷹を中心に、散歩やお買い物のことなどを書いています・・・

Category [気になる事・物 ] 記事一覧

 家電Watch で紹介されていた、かわいいネコ型おにぎりが簡単に作れる、

  「おむすびニャン

を使った猫キャラ弁が可愛いかも。

Amazon の写真にある、魚のロースハムとか、猫足おむすびとかも、秀逸 楽天の方が安いけど、5千円以上買わないと、送料が発生

 

死に神の精度
 J-WAVE 杏の BOOK BAR で、杏が、伊坂幸太郎の「死神の浮力」という本を紹介していた。死神は、
CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。
なのだとか。

その死神が、
一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。
の物語。それを聞いて、なんか、面白そうだなぁと思った。

でも、単行本は場所を取るし、なにより値段が高いので、旧作で、文庫本になっている、「死神の精度」の方を注文した(本屋で探しても、まず見つからないので、最初から Amazon )。

第1話の「死神の精度」を読んだら、死神の、人間的の世俗的な部分があるのが面白かった。

  「天使は図書館にいるが、死神は CD ショップにいる」

と、ニコラスケイジかブラピの映画をもじってるところも笑えた(もしかすると勘違いかも。ブラピは死神だったっけ)。

読んだ感じは、かなりライトな書き方で、読みやすい。おしゃれな星新一なのかもしれない(彼ほどは複雑には書かれてはいない)。どこかで読んだことのある話という感覚もある。

死神が、寿命とされた対象者の生活を見て死の可否を判定する。もう、人生を終わりにしていいと判断したら「可」を、この先、まだ生きる価値があると感じたら「見送り」を報告する。

ドラマや映画にすればいいのにと思ったら、すでに「金城武と小西真奈美で映画化」されてた。小西真奈美は、一恵役。なるほどと思った。死に神なら阿部寛と思ったけど、第1話はホスト的にいい男なので、確かに金城武だ(死神は対象者によって姿形を変える)。

第2話も読んだ。星新一だ。にやにやした。久しぶりに面白い小説が読めた(まだ4話残ってるけど)。ごちそうさんじゃない杏に、感謝(でも、BOOK BAR の放送時間が短くなって、ちょっと不満

あ、

  「村上春樹とか星新一の文庫本、まだ読んでないじゃん!」

うぅぅぅ (ダンダリンの竹内結子風に)

 
カエルのギフトセット
 お祝いのお返しに、カエルのギフトセットをもらった。ドイツ生まれのフロッシュ食器用洗剤のアソートメント FRS-15。手にも、自然にも優しいという触れ込み。

  「これで食器を洗っても、生臭くはならないよね

へへ、この洗剤は、アロエエキスが入ってて、手に優しいという物。けっして、カエルのエキスではない

実物のカエルスポンジは、写真よりカワイイ 大きさは、男子の握りこぶしより一回り大きいぐらい。

自分で欲しい人は、下記のリンクで。両方とも送料が 500円程度かかるので注意。

 
 Gigazine の記事『マリオの人形を人体模型化してしまう』のマリオが、かわゆ過ぎる。市販してくれないかなぁ
 家電 Watch の記事に、WATANABE の『くるくる鍋』が紹介されてた。テレ東の WBS の『トレたま』で紹介されていたやつ。トレたま大賞でフェルナンデス賞を貰った奴らしい。

お湯を沸かすと、そのお湯が回転して、食材に均一に熱がはいるという触れ込みの物。

  「動画を見ているだけで楽しい

でも、お湯を回転させるために、内側にフィンの様な『くるくるリング』を入れる必要があって、それを洗うのが面倒くさそう。てか、Amazon で売ってるあたり

 GigaZiNE の記事に、スマホの画面を投影できる超小型ハンディ・プロジェクター「 Smart Beam 」が紹介されてた。

これがあれば、スマホの小さい画面じゃなく、他の人の広い背中でメールが書ける。

あ、でも、くれぐれも、

  「人の背中をフリックしないように

くすぐったがるだろうから。
 ギズモードの記事に、トンボみたいに4枚の羽をぱたぱたさせて飛ぶ、トンボロボットの動画が紹介されてた。

  「欲しいかも

でも、動きは、言うほどは洗練されていない
サイバー掃除機2
 『家電 Watch の記事』を見て、笑ってしまった。ケルヒャー・ジャパンの家庭用の乾湿両用クリーナーの紹介。屋内外のゴミや水が吸引できる奴。

この写真を見て、

  「サイボーグ化されたペンギンみたいだ」

そう思った。

えっと、もしくは、漫画ワンピースの『スリラーバーク編』に出てくる、サンジが入ったゾンビ・ペンギン。

作った方も、たぶんそういうのを意識していると思う。面白かわいい。でも、買わないけど

 サイバーつがなりで、昨日の NHKの番組に出てきた、産総研ヒューマノイドロボット HRP-4C 未夢(ミーム)とは、こんなやつ。YouTube を見て、おどろけ!

  ・2009 - 2010 CEATEC JAPAN
  ・「出逢った頃のように」ELT と交換可能
  ・カラオケ(これ、高橋尚子じゃないよ)
  ・二足歩行もできる

放送を見て思ったけど、声をもう少しかわいく、子供声とかに変えないとダメだな。あと、腕がちょっと長すぎて、バランスが悪いかも。
 スラドツの『頭に鳴り続けるメロディーを消す方法』の記事。メロディーが頭から離れないのって、自分だけじゃ無かったんだと知って嬉しい。イヤーワームという名前まで付いているらしい。

イヤーワームを研究してるってのも笑えるけど、それ、その解決方法、

  「単に、気を紛らわすってだけだよね

しゃっくりを直す方法と一緒じゃん
 GigaziNE の記事で、あのリアル過ぎる「LS3」が音声認識によって指示を理解するように、と紹介されているけど、

  「そこ?」

動画を見ると、この牛の様なロボの動きが気持ち悪い。特に、前足の向きが、ヒデブ!

左サイドメニュー

プロフィール

Author:ジョニー

ゆるゆると日々を過ごしてしまう、ダメダメサラリーマンの航海日記。



クリック (・。・)yoro

このブログ内を検索

最近の記事

カテゴリー

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

右サイドメニュー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

その他の話題

どらまらんど
どらま・CM・TV全般・映画の話題はこちらです

デジ太る
プログラミング、EXCEL VBA、PC、Mac の話題です

スポンサードリンク

FC2カウンター

#7209 #5626 #5341 #5338 #5157 #5144 #5143 #5126 #5125 #4868