おしゃれにいけてる?

散歩やお買い物のことなどを書いています・・・

Category [旅行系 ] 記事一覧

MD-81の機内
 法事で田舎に帰るのに、雪が降り積もっているというので、青森空港はあきらめて、三沢行きの飛行機を選んだ。

乗り込んだ瞬間思った。

   「チッちぇえ・・・」

三沢行きは、便数も少なく、飛行機も小っちゃい。で、思い出した、これ、

   「オアフ島からマウイ島へ向かう、ローカル線みたい」

マジで、そう思った。小っちゃさと、このシートの、色と模様が、そんな感じ。
MD-81安全のしおり
 この飛行機なんだろう?って、この MD-81 のパンフレットの写真を撮っていたら(シッポが写ってねぇ・・・)、通りかかった客室乗務員に、

   「この飛行機、今日が最後なんです」

って、突然、言われた。一瞬、

   「落ちるの?」

って、びびってたら、

   「この後、2往復して、
    その後は、
    どこか、
    外国に売られて行く事になるんです」

だって。

   「この飛行機は、ドナドナの、子牛かい!」

もう、マジ、びっくりした。

パンフの写真なんか撮ってたので、航空マニアと思われたのかも。

   「気をつけねば・・・」

でも、もうちょっと、言い方って物があるでしょう。
MD-81のスイッチ
そう言われると、ランプとか呼び出しのスイッチが、天井に付いてて、レトロ。オーディオもない。

荷物を入れるところが、飛んでる間、ずっとガタガタしてたし、開けるときに、ボタンが堅くて、なかなか開かなかった。

 と、そうこうしてるうちに、無事、三沢に着いた。で、三沢の雪を見てひと安心。

ところが、三沢駅から下り電車に乗ったら、走るにつれて、どんどん雪が多くなってきて、野辺地あたりでは、吹雪になっていた。
むつの雪の感じ1
 実家に帰ったら、すぐに雪かきをして、写真撮ってる暇がなかった。で、一通り雪かきを終えて、コーラを買いに近くのスーパーに行って、出たところで、ピピっと。
ホテルから撮った吹雪な感じ
実家は泊まるところがない、っていうっか、寒いので、ホテルに宿泊。次の日の朝は、吹雪になってた。写真に撮っても、何が何だか分かんない。
むつの雪の感じ2
ホテルの玄関には、自動車用の雪落とし道具が、いっぱい置いてあった。この時期に、ここまで積もったのは、4年ぶりらしい。

   「なんで、それが、今年で、この週なんだ?」

オヤジの嫌がらせとしか思えねぇ・・・

様子を見に行っても、

   「じゃまくせぇから、早く、帰れ」

みたいなこと、毎年、言われてたし
ごちゃごちゃタワー
 金曜日の朝、目覚ましの設定を変えるのが面倒だったので、いつもと同じ時間に起きて、いつもより30分遅く家を出た。

たら、ジャンパーを忘れたことに気付いて、ダッシュで戻って、駅まで、半走りで、なんとか、予定の次の電車に乗れた。

電車に乗って思った、

   「通勤電車、上りの方が、すいてんじゃん!」

30分ぐらい時間が遅かったからかなぁ?
カッコいいカモの飛行機
 羽田空港に付いて、スポットに向かう途中、サッシのない所で、ちょうどこんなタイミング。

   「カッコいい・・・」

ってか、左の兄ちゃん、

   「ブレイクダンス?」

KOBUKURO飛行機
先に進んだら、今度は、こいつを発見。飛行機に、KOBUKURO の、効果が分からない。

   「燃費が良くなるとか?」

っていうっか、自分は、サクサクで知ってたから、写真を撮ったんだけど。普通の人は、

   「分かんないんじゃない?」

マジで。
立ち入り禁止ドアからの一枚
この日の青森行きは、バスに乗っていくスポット。そばに、トイレがあったので入ろうと思ったら、途中、通行禁止の立て札の向こうに、このドアが。

   「空中はセーフ!」

って事で、身を乗り出して、ピピっと。

   「カッコえぇ・・・」

でも、エンジンの上の空中の黒いの、

   「望遠にしたときに写る、レンズの中のゴミです」

ショック・・・
青森空港の秋具合
 青森空港付近の紅葉の様子。タクシーの運ちゃんの話によると、

   「青森は、もう、紅葉、見頃だよ」

ほんとかなぁ?まぁ、八甲田とか、酸ヶ湯とか、十和田湖はそうなのかも。でも、運ちゃんのは、話半分で聞かないと
有戸駅の先の風景
 野辺地で、また、おいしい、昆布ダシの天ぷらそばを食べたので、大湊行きの列車(一両編成)に乗ったら、空席なし。で、しょうがないので、

   「運転席横のスペースを、ゲチ!」

台があって、カバンが置けて、手すりもあるので、楽。ほんとは、寄っかかれる場所の方がいいんだけど、写真のために。

これは、有戸駅を出て、ちょっと行ったところ。車両先頭に立つと、こんな風に見える。風車も圧巻だけど、

   「線路が、見えねぇじゃん!」

まぁ、まだ、この辺は序の口。大湊線は、ディズニーランドの、どの乗り物よりも、スリリング。
風車が間近
もっと先に行くと、風車が間近に。
風車が間近2
でも、実際に近づいてくると、ピントが間に合わなかったり、大揺れに揺れたり、近くの木が意外と、高かったり、

   「コンデジでは、運を天に任せるしかない、カモ」

って事で、この風車シリーズは、これを持って、終了。
海に突っ込む?
JR自身は、この辺が、大湊線の見どころだと思ってる節がある。スピードを落とすし、

   「左手に海が見えます」

のアナウンスが流れる。でも、実際の見どころは、

   「風車だす」

あの辺で、スピード、落としてくれたらなぁ・・・
海沿いを走る
しばらく海沿いを走る。っていうっか、これ、

   「波風が強かったら、列車に掛かるじゃん!」

だから、風が強いと、すぐに運休するんだ。
海とお別れ
確かに、この辺は、見どころかも。
先に線路があるのか?
この列車は、軽いので、揺れる揺れる。

   「そんなにスピード出して、大丈夫なのかよ!」

って思うこともしばしば。

で、ここ。

   「その先に、線路は、あるのか?」

ってか、ここ、なんとかマウンテンって言う、アトラクションじゃないの?
きらきらみちのく号in大湊
 行く前に、超、いろいろシナリオを考えて、ビビリながら行ったのに、

   「え?そゆ、結末で、いいの?」

ドット緊張が取れて、普段、アンキャッチーな自分なのに、看護婦さんとか、タクシーの運ちゃんとか、よし屋食堂のおばちゃんに、話しかけてしまった。

ランナーズハイ的な、

   「ほっとしたハイ」

って感じ。恥ずかしぃ・・・

帰りの大湊駅。釜臥山は、逆光で、例の物体を撮影できなかった。駅には、また、「きらきらみちのく号」が来てた。

   「えっと、なんで?」

薬研温泉か、恐山・釜臥山の紅葉を、見どころにしてる?
津軽三味線とブロガー?
みちのく号に気付いたのは、この、赤じゅうたんがあったから。このおねぇさん、前にくらべて、格段にうまくなってた。

ってか、前は、

   「ど素人状態、だったんじゃねぇか!」

それほど、上達してた。

向こうの写真を写してるおじいさん。最初は、客席にいたのに、こっから撮してる。

   「ブロガー?」

でも、その写真、このおねぇさんが写ってないから、意味無くない?
大湊線沿いの紅葉
大湊線沿いの紅葉。これが、なかなか撮れなくて、苦労しまくり。いつ現れるか分からないし、コンデジのオートフォーカスは遅いし、ライブビューは、時間差があるし。

なんか、最近、限界感じてきたかも。ま、でも、別に、こんなのがきれいに撮れなくたって、どってこと無いんだけどね。
つがる号弘前行きin野辺地
青森空港の時間がタイトなので、特急を利用。もち、自由席。
いちご煮
青森空港のお土産屋さんに貼ってあった、「いちご煮」のポスター。ストロベリーじゃないので、要注意。

しかも、これ、

   「かなり、磯臭い」

「おしゃいけ」は、大の苦手。

   「こんなもん、食いもんじゃねぇ」

ってか、

   「ウニと、アワビを、別々に食わせて下さい」

そんな感じ。でも、好きな人には、たまらないらしいんだよねぇ・・・
ブタ金
こいつが売ってた。

   「意味がわかんねぇ・・・」

ブタは、食ってばっかで、浪費して、お金的に、御利益があるとは思えないんですけど。

 ケイタイで、飛行機の空席情報は、ずっと○だったのに、実際に乗ってみたら、超、満席だった。

ってか、予約もしてなかったので、

   「乗れて、良かったぁ・・・」

なんか、青森-羽田線って、いつも満席近いのに、

   「なんで、JAL は赤字なんだ?」

超、不思議。

 今回は、覚悟して行った割りには、ほとんどキャンセルされて、楽になったと思ったのに、飛行機に乗ったら、ドット疲れが出てきてしまった。

   「ドーパミン、出し過ぎだよ」

って感じ。

しかし、自分が、あんなにおしゃべりになるのは、久しぶりで、今思い出しても、ちょっと笑えた。

でも、

   「金が、どんどん無くなるのは、笑えねぇ・・・」

さてと、こんなことしてないで、早く寝て、少しでも、回復して置かないと、一週間もたねぇ・・・
帰りの飛行機.
 まだ青森の話題が残ってた。帰りの、飛行機。青森空港。本当は、昨日、アップしようとしたのに、疲れてて、眠ってしまったので、今日。
青森空港の花畑牧場
青森空港に入ると、すぐに、こいつが、目に入る。目立つ。みんな、生キャラメルソフトクリームを、整理券を貰って、待ってた。

   「そんなに、うまいのか?」

ってか、この空港の、一階には、空港施設以外に、この店しかない。他の店は、二階フロアー。どんだけ優遇してんだ
生キャラメル青森りんご
花畑牧場、青森限定バージョン、

   「生キャラメル青森りんご」

味は、たしかに、あまぁい、リンゴ。でも、

   「 850円有ったら、本物のリンゴが、何個買える?」

そんな感じのお味。あっ、でも、リンゴだと、ムクのが面倒なのか。

お土産としては、話題性で、一回は買っていってもいいけど、

   「同じ人に、2回目は、無い」

あっ、でも、タダで貰えるなら、食べたいかも。
つまんでりんごEX
いままでの、会社への、青森土産で、一番人気だったのが、これ、

   「つまんでリンゴ EX 」

リンゴフレーバーのチョット堅めのゼリーを、ホワイトチョコレートで包んだ奴と、ビターブラックチョコレートで包んだ奴が、2種類入ってる。

ホワイトの方が断然うまいので、会社土産にするときは、一人、白と黒1個ずつになるように、計算して買うように。

会社に買って行ったときに、若い男子に、

   「おいしかったですぅ」

って、にこにこ顔で言われた時には、笑った

コーヒーよりは、紅茶に合うかなって感じ。花畑牧場の方が、より、リンゴフレーバーがあるけど、値段と扱いやすさで、

   「青森土産は、これ!」

そんな感じ。
アップルスナック
 昔は、これを買ってた。リンゴチップス。甘酸っぱくっておいしい。でも、薄っぺらいので、分けにくく、かといって、

   「一人一袋だと、荷物がかさばるだろう!」

って事で、これは、個人用に買うぐらい。

でも、東京でも、売ってるのを見た気がするので、稀少価値観は薄いかも。
ご当地ラーメン200円.
ご当地カップラーメン。

   「カップ麺に、200円は、出せねぇ・・・」

しかも、がさばる。
にんにく牛たんポテトチップス

仙台の牛タンと、青森県田子町のニンニクを合わせたんだろうけど、

   「興味なし」

そんな感じ。なんか、味が、容易に想像できちゃって・・・
奇跡のりんごかりんとう

これは、初めて見た。本まであるのか?こんな記事を見つけた。

   弘前、レストラン山崎★木村秋則さんの奇跡のリンゴを使った「りんごかりんとう」

でも、

   「無農薬系の物って、好きじゃないので・・・」

だって、高すぎるもの。農薬使ってないなら、その分安くできるジャン!

   「手間は、まごころ」

それが、おしゃいけの発想。
SuicaとWaon.
羽田空港に着いて、JAL SHOP の前を通りかかったら、こいつらがいた。

   「こいつらを、売ってくれぇ・・・」

マジで

左サイドメニュー

プロフィール

Author:ジョニー

ゆるゆると日々を過ごしてしまう、ダメダメサラリーマンの航海日記。



クリック (・。・)yoro

このブログ内を検索

最近の記事

カテゴリー

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

右サイドメニュー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

その他の話題

どらまらんど
どらま・CM・TV全般・映画の話題はこちらです

デジ太る
プログラミング、EXCEL VBA、PC、Mac の話題です

スポンサードリンク

FC2カウンター

#2380 #2289 #2256