おしゃれにいけてる?

散歩やお買い物のことなどを書いています・・・

Category [わびさび・人生 ] 記事一覧

冬の桜2016
 昨日、日本中の気象予報士が、

  「雪になるぞぉ、雪になるぞぉ」

と言っていたとおり、今日は朝から雪だった。正確には起きた時には降ってなかったけど、出掛ける準備が進むにつれて、本格的な雪になっていった。

通勤路に入った頃には、冬のサクラが綺麗に咲いていた(写真クリックで拡大)。ちなみに、この白い花を付けた木は、桜ではない。

  「じゃぁ、なに?」

とは、聞かないで。
銀杏の葉の絨毯
イチョウの葉が、この寒さで、一気に散った後。これが散っている様をタイミング良く見れるのは、奇跡に近い。

まぁ、大きなイチョウだらけの公園に毎日行けば、観れるんだけどね。野川公園のイチョウの大木は、圧巻だったなぁ☆

 年末ジャンボ宝くじの発売が始まった。1等7億円の年末ジャンボ、1等1億円のミニジャンボ。そして、

  「年末ジャンボ、プチ1000万」

ナンじゃそりゃ。その後、12月23日からは、1等1億円の初夢宝くじ。そして、年が明ける。はやぁ!いつも言ってるけど、

  「7億円が当たる権利を、買っとけ!」

私は、1億円で、じゅうぶんだけどね。
 
コスモス日和
  もう、夏の気配も少なくなって、通勤路にも、いろいろな秋の花が咲き始めている。

コスモスも秋らしい花の一つ。その花がここにしかなくて、民家の庭先を撮らないという禁を犯してしまった。

でも、

  「花ドロボウは罪にならない」

らしいので。

他にも、薔薇とか、デイジーとか、キンモクセイとか、タマスダレとか、夏前から咲いているキバナコスモスとか、もう、色々咲いている。

天気は今ひとつだけど、歩くだけで気分も軽く、なりはしないけど、虫の音も種類が増えて、秋は賑やかでいい。

ちょっと嬉しくなったので、予定外の更新。
 
彼岸花の小径2
 彼岸花の小径の花が、ほぼ満開になった(写真クリックで拡大)。綺麗に撮れないのが、残念。写真加工でいじっても、カメラ内部の JPEG にかなわないのが、悔しい。

彼岸花の花言葉は、

  「また会う日を楽しみに」

この言葉と、彼岸花の形態を見ると、なにか、ちょっとちた薄気味悪さを感じる。幽霊的な(×_×)

 今日の帰り道、外に出たら、雲が厚いせいもあったんだろうけど、日が短くなっていた。そう感じた。今年は、台風の上陸が多かったけど、後半は、台風が通り過ぎるたびに、気温が下がっていた。

明日から、また雨が始まるらしい。せっかくのお休みなのに。明日は、秋分の日。お彼岸の中日。やっぱり、彼岸花は、お彼岸のあたりに咲くんだなぁと納得。

さ、明日は、お休み。墓参りに行くかもしれないし、家でずっと寝ているかもしれない。もう、既に、眠たくてしょうがない。そろそろシャワーを浴びないと。
 
 ドラマ「花子とアン」で、修和女学校の卒業式の時のブラックバーン先生の言葉。

  The best things are never in the past, but in the future.
  最上の物は、過去にあるのではなく、将来にあります。

でも、花子は、

  「人生は引き算」

と言っていた。引き算じゃぁ、ブラックバーン先生の教えの逆じゃん!( The best の後って、複数形でもいいのか。最高なので、1個だけだと思ってた)

この後、

  旅路の最後まで、希望と理想を持ち続け
  進んでいく者でありますように。

と続く。
 
カエル
 自分の生きがいとして、楽しいことを探している。どんな小さなことでもいいから、楽しいことをやりたい。

お金持ちや才能のある人と同じ楽しみを持つことはできないけれど、自分なりの楽しみを見つけられれば、幸せな気持ちになれる。

人生も長く生きていると、状況的に厳しいときもある。けれども、そんなときこそ小さな楽しみが必要。逆に、それが無いと、つらくてやってられない。

たとえ、状況がどうであろうとも、

  「小さな楽しみをするぐらいは、許してくれ」

人生、つらいことはもれなく付いてくるけれど、楽しいことは、探さなければ見つからない。

おおっぴらに笑ったりはできない事もあるかもしれないけれど、一瞬でも、心がほっとできたなら、それで十分なはず。

 今年、新しい PC を導入して、どんな楽しいことが待っているかと思っていたのに、最近、古い PC の時と同じ事しかしてないことに気がついた。

  「最新パソコンも、ソフトが無ければただの箱」

でも、環境は整っているので、可能性は無限大。今度は、どんな面白いことができるのか、がんばって探すぞ!

あっと、その前に、段ボールと雑誌の山に埋まっているパソコン部屋をなんとかしないと。まずは、そこから
月見団子
 今日のお昼前に三鷹南口東急ストアに行ったら、エスカレーターを降りるとき正面に見えるスペースに、こいつが置いてあった。

AstroArts によると、『明日 9月30日は中秋の名月』らしい。

  「何ともステレオタイプな、お月見団子

そう思った人が多かったのか、3時過ぎに行ったときには、2ケースあった団子が売り切れてた。

  「こういう自然の楽しみ方、いいと思います

ま、明日は台風が来るので、お月様は見えないけどね (^_^);

PS. でも、一番上の緑は何だ?ミカンのつもりか?お月見にミカンは無い気がするぞ。お供えと勘違いしたか?中国製か?
チョッパーキティ
 子供の頃に読んだ、赤鬼と青鬼のお話。自分、そのタイトルを、

   「赤鬼と青鬼」

だと、ずっと思ってた。でも、正解は、

   「泣いた赤鬼

しかも、青鬼が、人間と仲良くなったんだとばかり思ってた。

   「どんだけ勘違いしてるんだ」



この話、赤鬼の、自分がする事がどういう結末をもたらすのか考えない所が、そこに気が付かない所が、私に似てると思った。

それ、後で、気付いてしまうと、

   「無邪気」

という言葉では救われないほど、恥ずかしく、つらい事になる
 秋になって、空気が涼しくなると、昔のいろいろな事が蘇る。メランコリー?センチメンタル?感傷的?そんな気分になって。

若い頃は、3時間、4時間、平気で電話してたなぁ。ちょっと前に何を話してたか分からないぐらいのたわいも無い会話なんだけど、楽しかったのを覚えてる。

電話を切るのが嫌で、トイレに行くときも、電話を切らずに待ってて貰ったっけ。懐かしいなぁ

そういう時、好きな曲を流してて、電話越しに聞いて、

   「いま流れてる曲、なんて曲?」

って会話になって、いい曲だから、今度、録音してあげるよ、って感じだたなぁ。懐かしいなぁ。でも、どんな曲聴いてたっけ?

ユーミン、竹内まりや、EPO かなぁ。AOR とか、フュージョンとか、ビーチボーイズとかのポップスもあったかなぁ。

今どきの、Skype とか、Twitter とか、スマホ時代の若者は、どういう恋をしてるんだろう
 GigaZiNE の記事。

   「死ぬまでに一度は訪れたい世界の名所29ヶ所

確かに美しい。でも、これを回るのは、

   「お金と、暇と、根性を考えると、ムリ」

がんばって行こうとしたら、このうち、何箇所、たどり着けるだろう。そう思うと、

   「切ない」

 時間しか解決できない事を、解決されるのを待っていると、無駄に時間だけが過ぎて行ってしまう。

他に出来る事はないのか、発想は転換できないのか、いろいろ工夫してみよう。心を、その事に、奪われてしまわない様にして。

左サイドメニュー

プロフィール

Author:ジョニー

ゆるゆると日々を過ごしてしまう、ダメダメサラリーマンの航海日記。



クリック (・。・)yoro

このブログ内を検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

その他の話題

どらまらんど
どらま・CM・TV全般・映画の話題はこちらです

デジ太る
プログラミング、EXCEL VBA、PC、Mac の話題です

スポンサードリンク

FC2カウンター

#8079 #8026 #8016 #6294 #5087 #4641 #3859 #3612 #3336 #3335