おしゃれにいけてる?

散歩やお買い物のことなどを書いています・・・

Category [ATOK・ソフト ] 記事一覧

 今まで、具烈婦ソフト グレップソフトは WZ GREP を使っていたんだけど、ちょっと使いにくいなぁと思ってて、今日は、一段落付いた仕事をさぼって、探してみた。

  「 HNXgrep がいいかも」

使い方がイマイチ分からなかったけど、ファイルが見つかったとき、ファイル一覧タブで ALT+↑/↓ で検索したファイルにいける。あとALT + →/←でタブを行き来できる。このキーが分かってから、少し使えるかもと思い始めた。
 

 なんか、最近、ブログ記事を書いてて、スペルチェックが効いてないと思っていた。

前はちゃんと動いてたので、調べてみたんだけど、分からず。で、色々いじってたら、入力フィールドで、右クリックして、

  [言語] ⇒ [英語]

にチェックを入れたら、スペルチェックがされるようになった。(『スペルチェック』の項目にチェックマークが付いている前提で)

これ、一回チェックを入れると、外れない。外れなくて正解なんだけど、なんで、いつ、自分の Firefox は、外れたんだ?前はこんなことしなくてもできてたはずなのに、なんなんだろう。

ということで、ここ最近の英語の記事をチェックしないと
 ジャストシステムから、『 ATOK2013 for MAC のモニターに参加しませんか』メールが来たので、MacbookAIR に入れてみた。

なんか、だいぶ動作が軽くなった気がする。もしかすると、プレミアム辞書を組んでいないからかも知れない。

あと、『超』単体で変換しても『兆』が出てくることがなくなってる。しばらく使ってみて、MAC & Windows パックが出たら買うかも知れない。

単漢字辞書を外したら、確かに軽くなったけど、漢字の意味が引けなくなるので、いちいちネットに調べに行かなくてはいけない。それでは、ATOK を使っている意味が無い。

モニターと言っても、ジャストシステムのポイントが貰えるだけ、つまり、体のいい宣伝ってこと。でも、ATOK2013 がどんなのかは知りたいので
 先日、仮想デスクトップ環境の Dexpot が超使いやすいと紹介したけど、残念ながら、個人利用のみフリーで会社の仕事では使用許諾されていなかった。

それだとつらいので、探してみたのが VirtuaWin という仮想デスクトップ環境。これは、GPL なので、会社でも使える。

ウインドウ間のアプリの移動は Dexpot にはかなわないけど、それ以外はまぁまぁ使えた。

  ・Download(Unicode support)
  ・Module(拡張機能)

以下の紹介ページが参考になる(ただし、ダウンロードのリンクは古くてリンク切れ。上のリンクを参照のこと)。

  ・Windows に仮想デスクトップを設定
  ・仮想デスクトップ2 VirtuaWinの設定

デスクトップ切り替えのショートカットキーのおすすめは、

  ・Move right が Alt + 数字の 2(テンキーではなく)
  ・Move left が Alt + 数字の 1(テンキーではなく)

こうしておけば左手片手で、簡単にデスクトップを切り替えられる様になる。Dexpot よりも操作性は悪いので、こうやって工夫しないと

一押しの拡張機能が、

  ・Cool Desktop Switcher

これを組み込んで、通知領域に表示されたアイコンを下の絵のように、タスクバーに移動すると、タスクバー上で、ワンクリックでデスクトップを切り替えられるようになる。
VirtuaWinタスクトレイ
ちなみに、モジュールの組み込み方は、VirturaWin をインストールしたフォルダの中の modules フォルダに、解凍ファイルを置くだけ。次に VirturaWin を起動したときに、組み込まれる。

 Dexpot に比べちゃうとちょっと使いづらいけど、慣れればなんとかなる。なによりも、これが無いと作業効率が落ちてしまうので、使うしかない
 
 新しいPCへの新規インストール後の ATOK2012 がおかしい。まだ学習が十分されてないことが原因なんだけど、それでもおかしい。たとえば、

  「じょうしき」

で変換したら、第一候補として、『常識』ではなく、

  「上式」

が出てきた。

  「 ATOKよ、[上式] の意味を言え!」

あと、相変わらず、『ちょう』で変換すると、その日に PC を立ち上げた最初は、毎回『兆』が第一候補になる。

で、一度、『超』と変換すると、その日はそれ以降『超』が出てくる。PC を再起動しても、『超』が出る。でも、次の日は『兆』から始まる

最近、マジで、グーグル IME を試してみようかと考え始めてる
 新PC に変えて Windows7 にしたんだけど、今まで使ってた写真加工ソフト Silkypix は、アクティベーションが必要で、面倒なので、とりあえず GIMP を使ってる。

  「てか、GIMP で十分じゃん!」

まぁ、でも、Silkypix の、加工処理が本画像じゃなく、別なファイルに記憶されてるってパターン(たぶん分からないだろうけど)は、便利だったかも。あ、でも、GIMPでも、別名で保存すればいいのか?

で、話は戻って、GIMP の左に表示される、もっとも重要な、

  「ツールボックス - ツールオプション」

のダイアログウインドウを閉じてしまって、メニューのどこを探しても復活させる方法が見つからなかった。で、ネットで検索できたので、メモ。

  「GIMP2.6のダイアログ表示を初期状態に戻す方法(2)

ここ、前にもいろいろお世話になったところだ。ありがとう。コメントは恥ずかしいので、[拍手]をしといた
 WEB サイトのパスワード入力フィールドは、第3者がそばにいるときにはパスワードを見られたくないけど、自宅で一人で使ってるときは、逆に表示されていた方が便利。

パスワード入力欄の文字列を表示するアドオンを探した。それは、

  「 Unhide Passwords

一般的なツールだとセキュリティ的に心配だけど、Firefox のアドオンだったらいいだろうと思って。

これをインストールしても、パスワード欄は「*****」のままで驚くけど、パスワード欄をクリックすると、文字が表示される。これは、便利。

パスワード文字表示できないようにするには、アドオンの設定で切り替える。
 最新の Firefox 18 は、たぶん、Javascript を使ったページの表示が遅くなってる。会社の環境では、遅すぎて、仕事にならない。

おしゃいけの様に、両サイドにプラグインを設定していると、ぜんぶのロードがある程度行かないと、表示されない感じ。前は、センターの記事の部分だけ、先に表示してた。

  「たとえば朝日新聞のページ

このページが即座に表示されなかったら、Firefox 18を使ってるに違いない。

で、その対策として Firefox のクローン Pale Moon をインストールして使ってた。表示スピードは速いんだけど、

  ・いきなりストンと落ちることがある
  ・新しいタブで開くと、隣ではなく、一番右に出てしまう

と言う不具合があった。それに、ブックマークを壊すのが怖いので、ブックマークは Firefox 18 でやってた。

 で、今日、たまたま同僚の石ちゃんと、

  「古いバージョンの Firefox ってどっかにないかなぁ?」

と話してたら、検索上手の石ちゃんが見つけてくれた。それが、

  「 Firefox 延長サポート版 (ESR)

と言う解。

これ、Ver.17 を ESR版(ESR: Extended Support Release)として、延長してサポートを続けている。早速ダウンロードして、今の 18に上書きした。何の問題もなく動いた。スピードも、速し。

  「 Firefox 18 が遅いと感じたら、これを入れてミソ

あ、ただし、17 のESR版なので、ヘルプメニューから[ソフトウェアの更新を確認]をしても、Ver.17 の中での最新版しか探しに行かないので、注意。

Ver.19 の情報は、GigaZINE とかで知るしかなくなる。まぁ、17でゼンゼン困ってないので、問題ないけど。
 Lion とかと違って、Windows でたくさんのウインドウを開いていると、Windows7 といえども訳の分からないことになる。そんなときに便利なのが、仮想デスクトップ環境 Dexpot というフリーソフト。

仮想的なデスクトップ画面を4枚(MAX20枚)持っていて、これを、マウスやショートカットキーで切り替えて使える。例えば、

  デスクトップ1:メールと iTunes
  デスクトップ2:ブラウザとエディタ
  デスクトップ3:音楽系やゲーム

と言う風に、アプリケーションごとにデスクトップを使いわけると、ウインドウを閉じずに、別なソフトに切り替えられる。対応 OS は Windows XP/Vista/7/8。

このソフトのレビュー記事を書いてるページを以下にメモ。

  ・LAYER8 BLOG
  ・Dexpot の紹介-特徴
  ・jMatsuzaki

上では紹介されていないけど、マウスを画面右下あたりに持って行くと、『 Desktop Preview 』というウインドウが開いて、デスクトップを切り替えたり、アプリを別なデスクトップに移動出来る。超、便利。

Desktop Preview は、設定ダイアログの [Components][Desktop Preview]タブの [Start With Dexpot]にチェックマークを入れると使える。

ただし、自分の環境、環境設定をして OK ボタンを押すと、1分ぐらいデスクトップ全体がフリーズする。ちょっと待ってれば、その後は、嘘のようにちゃんと動く。SSDのせいかなぁ?ちょっとビビる。

  「ま、フリーソフトなので

ショートカットキーでデスクトップを切り替える時は、Alt + 左右キーで切り替えられるように設定した。でも、マウスで Desktop Preview を使った方が楽。いろいろな設定があるので、試してみよう。

 最新版のダウンロードは、ここで。ただし、英語のページ。

これは、個人利用では無料でそのまま使えるんだけど、会社でとかフリーランサーが使う場合は、お金を払ってくださいと書いてある。

個人利用の人は、超便利なので、使ってミソ。っていうっか、Windows に Lion の MissionControl を採用してくれ
 Firefox をバージョン 18 にアップデートしたら、ページの表示開始が遅くてたまらなくなった。プロキシを使う会社環境が、特にひどい。

前の記事で紹介した Firefox のクローン『 Pale Moon ペールムーン(ペイルムーン)』が、かなりの高速だったので、移行実験をして、切り替えた。

  ・導入と日本語化( GIGAZINE の記事)
   ( 32bit版をインストール。日本語化がちょっとめんどくさい。)
  ・プロファイルの位置情報

 ログイン情報、カスタマイズ、プラグインなどの情報を流用するために、Pale Moon 15 のプロファイルフォルダーに、Firefox 18 のプロファイフォルダの中身をそっくりそのまま上書きコピーしてみた。

Pale Moon は、プラグインも含め、問題なく動いた。ツールバーのレイアウトカスタマイズも引き継がれた。ログイン情報は、未確認。

初回起動時に、プラグインの再有効化が必要だった。環境設定ファイルも上書きされるので、日本語化の設定をやり直す必要がある。

  「プロファイルフォルダの位置を移動する方法

も試してみたけど、これもうまくいった。さすが、クローン

蛇足:

 という事で、会社の仕事では、Pale Moon を、快適使用中。自宅では、困るほどは遅くないので、Firefox 18 を継続活用。Firefox の中の人は、この遅さの不具合に気がついているのだろうか?

本当は、速いと評判の Chrome を使いたい所だけど、蓄積したブックマークが流用出来ない事と、あと、訳の分からない場所に強制的にインストールされるのが、ちょっと。

あ、でも、Chrome のインストール先の C:\Users\****\AppData\Local って、プロパティで [場所] を変えられるようになってる。

えっと、SSD に置きたくのは、キャッシュぐらいか。でも、Chrome って、勝手にアップデートされちゃうから、インストールフォルダごとかな。

左サイドメニュー

プロフィール

Author:ジョニー

ゆるゆると日々を過ごしてしまう、ダメダメサラリーマンの航海日記。



クリック (・。・)yoro

このブログ内を検索

最近の記事

カテゴリー

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

右サイドメニュー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

その他の話題

どらまらんど
どらま・CM・TV全般・映画の話題はこちらです

デジ太る
プログラミング、EXCEL VBA、PC、Mac の話題です

スポンサードリンク

FC2カウンター

#7792 #5160 #5116 #5061 #5044 #5036 #5034 #5030 #5024 #5016